着物のことなら着物リメイク.com
着物リメイク.com
着物リメイク.com
着物リメイク.com
自分で出来る
着物のお手入れ
着物を
加工へ出す
着物の知識
あれこれ
コーディネイト
お問い合わせ
>
>
>
>

>

HOME
会社概要
このサイトについて
コミュニティニュース
お問い合わせ

 
 
このサイトは、着物を取り扱う会社だからこそ知っている、
着物の加工やお手入れ方法などの、役立つ着物情報を発信しています。
着物情報サイト kimono-remake.com
HOME > きもの知識 > 着物、帯のたたみ方
 記事一覧
着物、帯のたたみ方の詳細
 
着物、帯のたたみ方

着物帯のたたみ方

着物をたたむ前にあて紙をしなければならない着物もあります。
紋、刺繍、箔(金箔、銀箔、色箔、ラデン)、の上には必ず白くて薄いあて紙(和紙など)
をしましょう。
その他、胡粉の入った柄や他の箇所に色が移りそうな柄など、
とにかく少しでも気になる部分にはあて紙をしてからたたむようにしましょう。



着物のたたみ方  留袖のたたみ方  長襦袢のたたみ方  コートのたたみ方
  羽織のたたみ方  袋帯のたたみ方  名古屋帯のたたみ方

 
着物のたたみ方(本だたみ)訪問着や付下げ、小紋、紬など一般的な着物のたたみ方です。
<A name=kimononotatamikata>着物のたたみ方</A>(本だたみ)訪問着や付下げ、小紋、紬など一般的な着物のたたみ方です。 1.背中側を平らに伸ばし。衿を左にして広げ下前を脇の縫い目でたたみます。
 
2.下前をおくみ付け線で手前に折り返します。
 
3.上前のおくみを下前のおくみの上に重ねます。この時おくみは、たたみぐせに従い内側に三角にしておきます。
 
4.下前の脇線の上に、上前の脇線を重ねてたたみます。
 
5.上前の袖を身頃の上に折り返します。
 
6.収納場所に合わせて身頃を二つ又は、三つ折りにします。
 
7.下前の袖を下側に折り返します。 







                                                                  ページの上に戻る
 
留袖のたたみ方(夜具だたみ)振袖や留袖など絵羽模様になった着物に向くたたみ方です。
<A name=tomesodenotatamikata>留袖のたたみ方</A>(夜具だたみ)振や留袖など絵羽模様になった着物に向くたたみ方です。 1.背中側を平らに伸ばし、衿を左にして脇線に沿って下前、上前の順でたたみます。
 
2.後側の衿を前側の衿の内側にたたみぐせに従って折り返します。紋の位置にはあて紙を忘れずに!
 
3.袖は右、左の順で内側にたたみます。袖紋にもあて紙を忘れずに!
 
4.前身ごろの柄の部分にあて紙をあてます
 
5.身頃を二つ折にたたみ、衿の上に裾を少し出しておきます。この時、折り目の部分に棒状に伸ばした真綿をはさんでたたむと折れすじがつきにくくなります。
 
6.さらに二つ折にたたみます。







                                                                  ページの上に戻る
 

長襦袢のたたみ方

<P><A name=nagajyubannnotatamikata>長襦袢のたたみ方<A><BR></A></P> 1.背中側を平らに伸ばし、衿を左にし脇線に沿って下前、上前の順でたたみます。
 
2.下前の身頃を中心に向かってたたみ、袖は脇線に合わせて折り返します。
 
3.上前も同様にたたみます
 
4.収納場所に合わせてそのままか二つ折にします。 







                                                                  ページの上に戻る
 
コートのたたみ方
<A name=ko-tonotatamikata>コートのたたみ方<A> </A> 1.背中側を平らに伸ばし、衿を左にし脇線に沿って下前、上前の順でたたみます
 
2.下前の身頃を中心に向かってたたみ袖は脇線に合わせて折り返します。
 
3.上前も同様にたたみます
 

4.収納場所に合わせてそのままか二つ折にします。







                                                                  ページの上に戻る

 
羽織のたたみ方
<A name=haorinotatamikata>羽織のたたみ方<A> </A> 1.背中側を平らに伸ばし、衿を左にしてまち幅の中央よりたたみます。衿付け線に沿って衿を身頃側に折り返します。
 
2.上前から衿を下前の衿に重ねます。
 
3.左脇縫いと右脇縫いが重なるように背縫いのところでたたみます。
 
4.左袖を身頃の上に折り返します。
 
5.右脇も同様にたたみます。
 
6.収納場所に合わせてそのままか二つ折にします。







                                                                  ページの上に戻る
 
袋帯のたたみ方
<A name=hukuroobinotatamikata>袋帯のたたみ方<A> </A> 1.外表にして丈を二つ折りにし、たれ先を外側にして更に二つ折にします。この時きちんとそろえてたたむ様にして下さい。
 
2.たれ先を更に二つ折りにします。(収納場所に合わせて三つ折りにするなど工夫します。)







                                                                  ページの上に戻る
 
名古屋帯のたたみ方(たたみ方はいくつかありますが、一般的には仕立て上がった時の折り目に沿ってそのままたたみます。)
<A name=nagoyaobinotatamikata>名古屋帯のたたみ方<A>(たたみ方はいくつかありますが、一般的には仕立て上がった時の折り目に沿ってそのままたたみます。) </A> 1.たいこの表を下に置き、縫いどまりの位置で三角にたたみ、端をそろえて重ねます。
 
2.たれ先の位置で三角形に折り返します。
 
3.三角形に折り返したものをもう一度折り返し、反対側の山の手前で折り返します。
 
4.山の部分を縫いどまりの位置で内側に折り返します。
 
5.たいこや腹の模様に折り目がつかない様にたれ先を折り返します。
 

6.たいこに出る部分が折れていないか確認します。 







                                                                  ページの上に戻る  

 
■着物の種類とそれに合わせる帯
■着物と襦袢、コート、羽織の合わせ方
■着物の行事別着こなし方 TPO
■季節に合わせた着物の着方
■着物の買い方、探し方
■着物の名称
■着付け(補正)
■着物、帯のたたみ方

着物情報サイト kimono-remake.com HOMEに戻る>>>
 
 
>プライバシーポリシー  Copyright © 2006
YASUDA Co.,Ltd. 着物リメイク.com
All rights reserved