着物のことなら着物リメイク.com
着物リメイク.com
着物リメイク.com
着物リメイク.com
自分で出来る
着物のお手入れ
着物を
加工へ出す
着物の知識
あれこれ
コーディネイト
お問い合わせ
>
>
>
>

>

HOME
会社概要
このサイトについて
コミュニティニュース
お問い合わせ

 
 
このサイトは、着物を取り扱う会社だからこそ知っている、
着物の加工やお手入れ方法などの、役立つ着物情報を発信しています。
着物情報サイト kimono-remake.com
HOME > きもの知識 > 着付け(補正)
 記事一覧
着付け(補正)の詳細
 
肌着から長襦袢の着付け(長襦袢の着付けは大切です。ここでしっかりと着付けておきましょう。)
肌着から長襦袢の着付け(長襦袢の着付けは大切です。ここでしっかりと着付けておきましょう。) 1.下着は特に決まりはありませんがブラジャーははずした方が良いでしょう格段に楽ですし着くずれの原因にもなります。ショーツは、はきこみの浅いものにしましょう。まず足袋からはきます。次に裾よけ肌襦袢の順の着てゆきます。ウエストや胸元に補正をする場合はこのときにしましょう。
 
2.長襦袢をはおります。両袖を持って両側に引き、背中心の縫い目が真ん中に来るように合わせて下さい。
 
3.右を下、左を上に合わせます。腰よりも高い位置で紐をします。紐は前から背中に回して後で交差、少し間をあけて前で結びます。前の衿のあわせは、喉のくぼみ辺りで交差するようにします。(一般的に若い人はそれよりやや上、年配の方はやや下にします。)
しっかり結べたら後ろ手で背中心を下に引き、衣紋をこぶしが一つ入るくらい抜きます。
 
着物の着付け
着物の着付け 1.長襦袢の紐の上を押さえるようにして、伊達締めをしっかり結びます。伊達締めは前からまわし、背中で交差、前でねじってはさんでおきます。
 
2.長襦袢の衿を壊さないように下から沿って着物を上げてゆき、はおります。両袖を両手で両側に引き、背中心の縫い目が真ん中にくるように合わせます。着物をきちんと体の真ん中に合わせるようにしましょう。
 
3.左右同じ位置で衿先を持ち、着物を持ち上げます。腰から下をしわがないようにきっちりと添わせます。丈の長さは着物の種類によって違いますが、小紋の場合、足の甲にかかるくらいが良いでしょう。
 
4.まず上になる方の身頃から合わせます。体の右端ぎりぎりまでもってゆきます。裾が斜めにならないよう注意しましょう。この時、着物がたるんでいたら反対側の身頃を引っ張って下さい。
 
5.右と左を入れ替えます。この時、先に合わせた身頃がずれないよう注意しましょう。右端ぎりぎりまで持ってきて、身頃があまったら折り返し、裾が見えないように少し上げておきます。
 
6.もう一度左手に持っていた身頃を上からかぶせ、裾が斜めにならないよう先程合わせた通りにもってゆきます。腰骨の位置でしっかり腰紐を締めます。(ゴムベルトを使うと楽です。)
 
7.身八つ口(脇の開いてる所)から手を入れ、おはしよりを整えます。次に衿を整えます。後ろは半衿より1cm上に、前は斜めに少しずつ出して整えます。広衿の場合は背中心の所で半分に折り、掛け衿の所で幅が3分の2くらいになるように自然に衿先までながします。
 
8.伊達締めを締めます。この時おはしよりの部分が二重にならないように、内側にある着物は上に折り返しておきます。
 
9.帯板をつけます。

























ページの一番上に戻る
 
■着物の種類とそれに合わせる帯
■着物と襦袢、コート、羽織の合わせ方
■着物の行事別着こなし方 TPO
■季節に合わせた着物の着方
■着物の買い方、探し方
■着物の名称
■着付け(補正)
■着物、帯のたたみ方

着物情報サイト kimono-remake.com HOMEに戻る>>>
 
 
>プライバシーポリシー  Copyright © 2006
YASUDA Co.,Ltd. 着物リメイク.com
All rights reserved