着物のことなら着物リメイク.com
着物リメイク.com
着物リメイク.com
着物リメイク.com
自分で出来る
着物のお手入れ
着物を
加工へ出す
着物の知識
あれこれ
コーディネイト
お問い合わせ
>
>
>
>

HOME
会社概要
このサイトについて
お問い合わせ

 
 
このサイトは、着物を取り扱う会社だからこそ知っている、
着物の加工やお手入れ方法などの、役立つ着物情報を発信しています。
着物情報サイト kimono-remake.com
HOME > 着物お手入れ > 着物を着て帰って来たら(ブラシング,風通,アイロン)
 記事一覧
着物を着て帰って来たら(ブラシング,風通,アイロン)の詳細
 
着物を着用して帰って来たら(ブラシング、風通し、アイロン)
着物を着用して帰って来たら(ブラシング、風通し、アイロン)

着物を着用して帰って来た時のお手入れ方法

1.ブラッシング
着物を着て外出した時、家に戻ってきたらまずブラシをがけをする事が大切です。
ブラシの種類は色々御座いますが、馬毛や豚毛の天然獣毛で毛足が長いものをお勧めします。
帰って来たらまず全体にブラッシングするのですが、髪の毛、ファンデーション、ふけ、ほこりなどを落とします。
この時、全体汚れやしみが付いていないかをチェックしながらブラッシングする事が汚れの早期発見につながります。
ほこりだけでも放っておくとしみや黄ばみの原因になりますので必ず入念にチェックしながらブラッシングして下さい。

 

  

<P><STRONG>  </STRONG></P>

2.風を通す
汚れがないかのチェックをしながらブラッシングした後、汚れがなければ一度着物に風を通してやる事が大切です。
室内でも構いませんので湿気の少ない風通しの良い日の当たらない所で数時間風を通してあげましょう。着物、帯に深呼吸をさせてあげます。

 
 
 

3.アイロンをかける
風を通して湿気がなくなれば
着用時にできたしわを伸ばす為にアイロンがけをするのですが、
これはいくつかの注意が必要です。

○しみやほこりが完全にない事を確認する。
○着用時の事を思い出して、ジュース、お茶、清涼飲料水などが着物についていないかを
しっかりと確認してください。もし、付いていたとしてもあまり目立たなく分りにくい為、
記憶が頼りになってきます。もしもそのままアイロンがけをしてしまいますと、
はじめは分りにくいしみが生地に汚れが定着してしまい、
くっきりとしたしみとして浮かびあがってきますのでご注意下さい。
○必ず白い布のあて布をする
○スチーム機能が付いているアイロンで常にスチーム機能を使いアイロンがけする

以上のことをお守りいただいた上で、アイロンがけして下さい。

 
■1.まず絶対にやってはいけない事
■2.用意するもの
■3.基本的なしみ抜きの工程と方法
■「カンタン」汚れ別応急処置としみ落とし方法早見表
■着物の虫干し
■着物を着て帰って来たら(ブラシング,風通,アイロン)
■着物、帯のたたみ方
■着物の保管の仕方

着物情報サイト kimono-remake.com HOMEに戻る>>>
 
 
>プライバシーポリシー  Copyright © 2006
YASUDA Co.,Ltd. 着物リメイク.com
All rights reserved