着物のことなら着物リメイク.com
着物リメイク.com
着物リメイク.com
着物リメイク.com
自分で出来る
着物のお手入れ
着物を
加工へ出す
着物の知識
あれこれ
コーディネイト
お問い合わせ
>
>
>
>

HOME
会社概要
このサイトについて
お問い合わせ

 
 
このサイトは、着物を取り扱う会社だからこそ知っている、
着物の加工やお手入れ方法などの、役立つ着物情報を発信しています。
着物情報サイト kimono-remake.com
HOME > 着物お手入れ > 着物の虫干し
 記事一覧
着物の虫干しの詳細
 
着物の虫干し
着物の虫干し


着物の虫干しは基本的に年2回、
春と秋に行うのが良いでしょう。

○まず、湿気の少ない良く晴れた日
(3日連続で晴れた日などを選ぶと良いでしょう。前日や前々日が雨の場合にはその日が晴天でも湿気が多いのです)
○日のあたらない陰で干す
(日光が当たる所では着物が焼けてしまうので絶対にだめ)

この2点をお守り頂いて虫干しすると
カビや黄変色を防ぐ良い手立てとなります。
虫干し時にすでにカビが生えていたりするのを発見する事も有るとおもいますが、
定期的に虫干ししてチェックしていれば
その時発見したとしても早期発見した事になります。なので比較的直しやすい状態で発見する事ができるのです。

 

 

しかし「そんな乾燥した日を選ぶのは時間も合わないかもしれないし面倒だ」という人は


エアコンの除湿機能を使い、部屋の中で虫干しする方法をご紹介します
まず部屋を閉め切りエアコンの除湿(ドライ)をかけて1〜2時間後部屋が乾燥したら着物を干します。

この時電気は消して下さい。(焼けの原因になります)

電気を消してまた部屋を閉め切り3〜5時間程度干します。

そして最後にドライヤーの冷風で着物全体に風を通してやると非常に効果があります。

 

 
これでもまだ面倒だという人には・・・


しょうがありません。。。最低限の着物の呼吸をさせてあげる方法をご紹介します。

必ず湿気の少ない日良く晴れた日をを選びタンスのある部屋の通気性を良くします。
そしてタンスの扉、引き出しを全て開けて2時間程風を通します。これだけでも大分効果があります。

ただしこの方法だけだと年に5〜6回位はして下さいね。

 
■1.まず絶対にやってはいけない事
■2.用意するもの
■3.基本的なしみ抜きの工程と方法
■「カンタン」汚れ別応急処置としみ落とし方法早見表
■着物の虫干し
■着物を着て帰って来たら(ブラシング,風通,アイロン)
■着物、帯のたたみ方
■着物の保管の仕方

着物情報サイト kimono-remake.com HOMEに戻る>>>
 
 
>プライバシーポリシー  Copyright © 2006
YASUDA Co.,Ltd. 着物リメイク.com
All rights reserved